HOME > Garlicchive

 有機栽培 春の旬野菜「にんにくの芽」

食物界の王!「にんにく」と同じくらい栄養価の高い「にんにくの芽」です。

にんにくの芽は、花をつけるために伸びた花茎の部分を刈り取り、にんにくの芽として食します。

現在ほとんどのにんにくの芽は輸入されたもの(99%)が通年流通しています。国産のにんにくの芽は流通量は約1%と僅かです。どうぞ旬の時期、無農薬、有機栽培のにんにくの芽をお見逃しなく!国産、無農薬は貴重な旬のお野菜です。

ほとんどの料理で活躍します。

どんな炒め物にも!茹でてサラダ、和え物、お肉、海鮮類とも、卵料理にも、パスタにも、どんなおかずとも相性の良い、主役級の栄養たっぷりのお野菜です。

別名:茎にんにく!野菜です。
にんにくの芽の栄養成分はにんにくと同じくらい豊富!!

さらに、にんにくの芽は、にんにくにはないβカロテンを含有

ビタミン、ミネラルが豊富に含まれ、カルシウム、マグネシウム、βカロテン、ビタミンCなどを多く含み、ビタミンK、葉酸、鉄分など,体に力を与えます。


 アリシン:にんにく独特の臭いの元と言われる成分ですが、にんにくの芽はほのかに香る程度です。殺菌作用があり細菌やカビからも守ってくれる。滋養強壮、疲労回復効果があり、これは病気の予防につながります。

 βカロテン:鮮やかな緑は緑黄色野菜!体内でビタミンAになり、目の疲労回復、皮膚、粘膜の健康維持と免疫細胞の活性化!!美肌にも力を発揮します。

 葉酸、ビタミンC 、ビタミンK、カルシウム、マグネシウムなど含有
血液を作るビタミンと言われる葉酸と骨や歯を丈夫にしストレス解消効果のあるカルシウム、白血球の働きを高め、コラーゲンの生成をサポートするビタミンC、心臓、血管の働きを助けるマグネシム。体に必要な栄養が豊富です。

 食物繊維もにんにくの芽の特徴
食物繊維は最近になって第六の栄養素と言われ、その重要視されています。整腸作用効果があり、糖質の吸収をゆるやかにする働き、血糖値の上昇やコレステロールを減らす効果があります。


今季販売を終了いたしました。
ありがとうございました.

<来季:4月中旬から収穫販売予定>
よろしくお願いいたします。

アミノ酸農法!ここが栽培ポイントを!

米ぬかを中心とした堆肥を元肥に、アミノ酸、木酢液、にがり等々植物性の6種類の当園のオリジナル有機混合液を、作物の状態を見ながら栽培期間中丁寧に葉面散布します。
オリジナル有機混合液成分:アミノ酸は作物をおいしく育て、木酢液は自然の虫除け、その他ミネラル、カルシウムなど含まれます。


にんにくの芽レシピギャラリー

*油との相性がとてもよいので炒め物に多用されますが、
様々なレシピでどうぞ*


肉:炒めもの




レジピ準備中


●北海道、沖縄、離島、東北エリアへの送料は別料金となります。

1配送600円の対象外地域です。
いちじくの配送対象外地域です。


三井住友銀行
ゆうちょ銀行
代金引換

クレジット決済